コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行政・承諾解剖

1件 の用語解説(行政・承諾解剖の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

行政・承諾解剖

病死以外の死体の死因を調べる解剖には、(1)事件性があるときに行う司法解剖(2)死因調査専門の監察医制度のある地域で、事件性のない死体に対して行う行政解剖(3)監察医制度のない地域で遺族の承諾を得て行う承諾解剖がある。(3)は予算に限りがあり、件数自体が全国的に少ない。これらの地域では医師が死体の外表を調べる検案だけで死因を判断し、解剖しないで終わることが多い。死体解剖保存法に基づいて都府県が運営する監察医制度がある23区内では、死因不明の死体は、監察医が検案を行い、それだけで死因が判断できなければ犯罪性がなくても行政解剖を行う。解剖の途中で事件性が出てきて司法解剖に切り替えられた事例が00年~07年で約1400例に一例あった。

(2008-12-16 朝日新聞 朝刊 都 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行政・承諾解剖の関連キーワード監察医献体病理解剖変死剖検解剖取調べる検視と監察医制度検視と解剖解剖 (dissection)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone