コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行智(2) ぎょうち

1件 の用語解説(行智(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行智(2) ぎょうち

1778-1841 江戸時代後期の僧。
安永7年生まれ。悉曇(しったん)(梵(ぼん)学)と修験(しゅげん)の教学にすぐれる。修験宗当山派の江戸浅草覚吽(かくうん)院の住職。当山派総学頭,法印大僧都(そうず)に任じられた。天保(てんぽう)12年3月13日死去。64歳。俗姓は松沼。字(あざな)は慧日。号は円明院,阿光房。著作に「木葉衣(このはごろも)」「踏雲録事」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

行智(2)の関連キーワード天保の改革市川春琳パリのパンテオン市川団十郎行智行智維管束植物ウィリアムHハリソン田代毅軒名見崎徳治(3代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone