コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行観(1) ぎょうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行観(1) ぎょうかん

1013-1073 平安時代中期の僧。
長和2年生まれ。三条天皇の孫。敦明(あつあきら)親王の王子。近江(おうみ)(滋賀県)の天台宗園城(おんじょう)寺の定基にまなび,行円灌頂(かんじょう)をうける。近江錦織荘(にしごりのしょう)の尊勝院にはいり,源頼義(よりよし)・義家(よしいえ)父子の帰依(きえ)をうけた。治暦(じりゃく)元年僧正。延久5年3月28日死去。61歳。通称は錦織僧正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

行観(1)の関連キーワード後三条天皇グレゴリウス7世ベネディクツス10世クレメンス3世行観アゼルレッド2世気圧無貯蓄貯蓄ゼロGregorius

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android