コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衵・袙 あこめ

大辞林 第三版の解説

あこめ【衵・袙】

〔「間籠あいこめ」の転か〕
中古の、男子の中着。束帯のときは下襲したがさねと単ひとえの間、衣冠のときは袍ほうと単の間に着た。通常は腰丈で袴はかまの中に入れて着た。直衣のうしでは、下着の衣をいい、出衵いだしあこめとした。
中古、女子の中着。表着うわぎと単の間に何枚も重ねて着た。また、女童が着た袿うちきの小形のもの。汗衫かざみの下に着たが、のちには表着とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

衵・袙の関連キーワード衣冠束帯腰丈直衣下襲女童表着

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android