コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋・嚢・囊 ふくろ

大辞林 第三版の解説

ふくろ【袋・嚢・囊】

口の部分だけを残し他を縫い合わせたり張り合わせたりして、中に物を入れるようにしたもの。布・紙・革などで作る。
ミカン・ホオズキなどの果肉を包んでいる薄い皮。
開いている口が一方だけで、他に抜けられないもの。 「 -小路」
体の中にあって、何かを入れているもの。 「胃-」 「子-」 「堪忍-」
水に囲まれている土地。
きんちゃく。 「嶋田の者は、…旅人の-をむさぼる故に、大水を喜ぶ/仮名草子・東海道名所記」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android