コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋田[温泉] ふくろだ

1件 の用語解説(袋田[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふくろだ【袋田[温泉]】

茨城県北端,久慈郡大子(だいご)町南部にある温泉。久慈川支流の滝川に臨む。起源は平安時代にさかのぼると伝えられるが,水田の中に自然湧出する状態が長く続き,〈田毎(たごと)の湯〉と呼ばれたという。1936年に現在地でのボーリングが成功し,毎分250lをこえる湧出量をみて多くの温泉旅館が進出した。奥久慈県立自然公園に含まれ,付近に四度滝(よどのたき)の名で知られる袋田滝があり,双方あいまって県北山間部で最大の観光地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

袋田[温泉]の関連キーワード奥久慈下総袋田の滝袋田温泉竜神峡奥久慈だいごフォレスパ大子小室順太郎旭桜家久長

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone