コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋田[温泉] ふくろだ

世界大百科事典 第2版の解説

ふくろだ【袋田[温泉]】

茨城県北端,久慈郡大子(だいご)町南部にある温泉。久慈川支流の滝川に臨む。起源は平安時代にさかのぼると伝えられるが,水田の中に自然湧出する状態が長く続き,〈田毎(たごと)の湯〉と呼ばれたという。1936年に現在地でのボーリングが成功し,毎分250lをこえる湧出量をみて多くの温泉旅館が進出した。奥久慈県立自然公園に含まれ,付近に四度滝(よどのたき)の名で知られる袋田滝があり,双方あいまって県北山間部で最大の観光地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android