コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋耳(埋没耳) たいじまいぼつじPocket Ear

家庭医学館の解説

たいじまいぼつじ【袋耳(埋没耳) Pocket Ear】

[どんな病気か]
 生まれつき耳朶(みみたぶ)の上のほうが、皮膚の下にもぐってしまっている状態です。
 下のほうへ耳を引き出すと隠れていた部分が露出しますが、手を離すとすぐ元にもどります。
 耳の上のほうの輪郭(りんかく)が皮膚の袋にもぐり込んだ形で、埋没耳とかポケット耳(みみ)ともいわれます。
[治療]
 生後、間もなくから、針金プラスチックのかたまりを組み合わせてつくった枠を、くせがついて、元にもどらなくなるまで数か月はめておくという、手術をしない治療法もあります。
 手術で治療する場合は、生後数か月から4~5年の間に、小手術で修正することもできます。
 ときに、皮膚で隠れた部位に皮膚炎などがおこり、ただれたりします。そのときは、早く耳鼻咽喉科医(じびいんこうかい)のところへ連れて行ってください。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

袋耳(埋没耳)の関連キーワード耳の形態異常

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android