コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖書き そでがき

大辞林 第三版の解説

そでがき【袖書き】

古く、文章の右端の余白に別筆で書き添えたこと。認否・指示などの文言をしるした。また、その文言。
文書の書き手が追伸としてあるいは余白が不足したため右端の空白を用いてしるした文言。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

袖書きの関連キーワード認否右端余白文言

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android