被る・蒙る(読み)こうぶる

大辞林 第三版の解説

こうぶる【被る・蒙る】

( 動四 )
〔「かがふる」の転〕
頭にのせる。かぶる。また、身につける。 「此の冠どもは…斎おがみの時に-・る所なり/日本書紀 孝徳訓
こうむる(被)」に同じ。 「御徳をも-・り侍らむ/源氏 行幸
こうむる(被)」に同じ。 「天下に疵きずを-・るものたえず/平家 12
こうむる(被)」に同じ。 「かみほとけの恵み-・れるに似たり/土左」

こうむる【被る・蒙る】

( 動五[四] )
〔「こうぶる」の転〕
他人から、自分にとってためになる何かを与えられる。 「多大の恩恵を-・る」 「皆様のお陰を-・りまして…」
自身の身によくない結果がもたらされる。被害を受ける。 「損害を-・る」 「台風で大きな痛手を-・る」 「傷ヲ-・ル/日葡」
神仏や目上の者から与えられたものを受け入れる。 「天罰を-・る」 「お客様からおしかりを-・りました」 「洋行の官命を-・り/舞姫 鷗外
[慣用] 御免を-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android