コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被告の手錠と腰縄を外すタイミング

1件 の用語解説(被告の手錠と腰縄を外すタイミングの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

被告の手錠と腰縄を外すタイミング

刑事訴訟法287条1項では、公判廷で被告の身体を拘束してはならないと定められ、裁判官らが出席して開廷、公開されている状態では手錠と腰縄はできないと解釈されている。一方、刑事収容施設法78条によると、被告を護送する場合は、手錠と補縄(腰縄)を使用できるとしている。

(2009-02-03 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

被告の手錠と腰縄を外すタイミングの関連キーワードモータリゼーション(中国の)公図基礎学習全基停止後の地域経済アルキメデスクワオアー平民会ググアン島アントラキノンホルテンシウス法

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone