コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被災地のがれき受け入れ

1件 の用語解説(被災地のがれき受け入れの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

被災地のがれき受け入れ

東北3県で発生した震災のがれき約2253万トンのうち、処理が終わったのは7%程度。野田佳彦首相は先月16日付で、岩手、宮城両県の計2045万トンのうち約401万トンを受け入れるよう各都道府県政令指定市に書簡を送った。これまでに東京都などで受け入れが始まったが、放射性物質の拡散を懸念する住民の反対も全国で相次ぐ。3月末までに受け入れを表明し、国が量を定めて要請したのは、8府県8指定市への計91万トンにとどまる。

(2012-04-07 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被災地のがれき受け入れの関連キーワード震災関連死画歴震災震災記念日震災廃棄物の広域処理被災地のがれき被災地の災害廃棄物がれきの広域処理震災がれきの広域処理グランドサーマル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

被災地のがれき受け入れの関連情報