被災地の水産加工業

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

被災地の水産加工業

東日本大震災の津波被災地は水産業水産加工業が盛んな地域が多く、なかでも、宮城県は震災前、練り製品冷凍食品の生産量が全国1位と、屈指水産加工県だった。439あった加工場は、震災で323カ所が全壊経営者の死亡により、再建を断念したところも少なくない。県農林水産部によると、これまでに復旧した施設は7割、出荷額は震災前年の5割程度にとどまっている。

(2014-03-10 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

被災地の水産加工業の関連情報