コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被災地の災害廃棄物

1件 の用語解説(被災地の災害廃棄物の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

被災地の災害廃棄物

環境省の推計で宮城、岩手、福島3県で約2200万トンにのぼり、阪神大震災の約1・5倍。国は今年度中に撤去を終え、2013年度末までに処理を終えたいとしている。4月の調査では、全国572の自治体や企業などが受け入れ可能と回答。東京都が9月末、岩手県のがれきを受け入れると発表した。大阪府も来年4月以降の受け入れ開始を予定している。

(2011-10-07 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone