コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被災地への自治体職員派遣

1件 の用語解説(被災地への自治体職員派遣の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

被災地への自治体職員派遣

総務省によると、東日本大震災の発生から昨年3月末までに被災地に派遣された都道府県や市区町村の職員は、短期も含めて延べ約9万人。このうち北海道からの派遣は約3700人。現在も、道庁や札幌市などの職員約80人が被災地で働いている。

(2016-03-07 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

被災地への自治体職員派遣の関連情報