コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被災者生活再建支援法の支援金

1件 の用語解説(被災者生活再建支援法の支援金の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

被災者生活再建支援法の支援金

阪神大震災をきっかけに議員立法で98年に同法が成立。生活必需品の購入に限って最高100万円を支給した。04年の改正で最高200万円を上乗せする居住安定支援制度が盛り込まれたが、使い道は解体撤去費や住宅ローンの利子に限られた。年齢や年収の要件も複雑で、支援金の平均支給水準は上限額の3割弱にとどまっていた。

(2007-11-07 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被災者生活再建支援法の支援金の関連キーワード免震構造阪神・淡路大震災大震災被災者生活再建支援法レスキューストックヤード阪神大震災の犠牲者と外国人文化庁の重要文化財(建造物)の耐震診断の指針大阪被害者支援アドボカシーセンターNPO災害看護支援機構

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

被災者生活再建支援法の支援金の関連情報