被爆ピアノ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1945年の広島長崎の原爆投下時に爆心地付近(約3キロ内)で被爆したピアノを指し、11台が現存しているとされる。うち6台を管理する被爆2世調律師・矢川光則さんらによる演奏会が各地で開かれている。ノーベル平和賞にちなむコンサートオスロ)など海外でも演奏された。

(2020-08-04 朝日新聞 朝刊 愛知・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

被爆ピアノの関連情報