袱紗・帛紗・服紗(読み)ふくさ

大辞林 第三版の解説

ふくさ【袱紗・帛紗・服紗】

一枚物または表裏二枚合わせの方形の絹布。進物の上にかけたり物を包んだりする。
(「帛紗」と書く)茶の湯で、道具をぬぐったり盆・茶托の代用として器物の下に敷いたりする絹布。羽二重はぶたえ・塩瀬しおぜなどを用い、縦横を九寸(約27センチメートル)と九寸五分(約29センチメートル)ほどに作る。
柔らかい絹。 「狩衣は…白き-/枕草子 282
本式でないもの。多く他の語に冠して用いる。 〔貞丈雑記〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android