コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袴・褌 はかま

大辞林 第三版の解説

はかま【袴・褌】

和装で着物の上から着けて腰から脚をおおうゆったりした衣服。上部に付けたひもを結んで着用し、普通、ズボンのように両脚の部分に分かれるが、スカート状のものもある。古くは男子のみが用い、埴輪はにわに原初的な形態が見られる。平安以降、表うえの袴・指貫さしぬき・長袴など、官位や服装に応じて用いるべき袴の形態や材質が定められた。近世には形態・材質ともに著しく発達し、野袴・行灯袴・軽衫カルサンなど種類が増え、武士は日常着に用い、庶民は礼装の際着用した。女子は平安時代には緋袴を用いたが、鎌倉時代以降一般には用いなくなった。
ツクシなどの節を包む苞葉ほうようやドングリなどの殻斗かくとの俗称。
卓上に徳利を置くときにはかせる器。
(「褌」とも書く)上代、男子の着た、裾の短いズボン様の下半身用下着。ふんどし。 「逼めて-を脱かしめて/日本書紀 欽明訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone