コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判への市民参加

1件 の用語解説(裁判への市民参加の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

裁判への市民参加

12世紀に陪審制の原型を導入した英国では、市民から無作為に選ばれた12人の陪審員が有罪・無罪を判断する。米国も同様だ。ドイツは市民と裁判官の合議による参審制。フランスは市民9人、裁判官3人が合議するが、言い渡されるのは有罪・無罪と争点についての「はい」「いいえ」の判断だけで、陪審制の流れを維持している。これに対して、昨年5月から始まった日本の裁判員制度では、市民6人と裁判官3人が合議し、判決理由も法廷で伝えている。

(2010-09-22 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裁判への市民参加の関連キーワード参審制陪審陪審制陪審員参審制度種字陪審制度日本の陪審裁判沖縄の陪審制度市民の司法参加

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

裁判への市民参加の関連情報