コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判員の守秘義務

1件 の用語解説(裁判員の守秘義務の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

裁判員の守秘義務

裁判員法は、非公開で結論を話し合う評議の場で出た意見や、評決での多数決の人数、裁判の記録から知った事件関係者のプライバシーといった秘密を漏らすことを禁じている。評議の場で裁判官や裁判員が自由な意見を言えるようにするためで裁判が終わった後も課される。違反した場合、6カ月以下の懲役か50万円以下の罰金。公開の法廷で見聞きしたことや、裁判員を務めた経験や感想を話すことはできる。

(2009-09-09 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裁判員の守秘義務の関連キーワード裁判員法話し合い話し合う非公開評議圧し合う果し合う補充裁判員裁判員法101条大阪第1号の裁判員裁判

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

裁判員の守秘義務の関連情報