コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判員裁判の審理日数

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

裁判員裁判の審理日数

対象は殺人や傷害致死、危険運転致死などで年間約3千件と見積もられている。最高裁が対象事件の06年の審理期間を調べたところ、1〜2年かかった事件は11・9%▽2〜3年2・2%▽3年超0・7%。最高裁は、裁判員裁判はできる限り連日開廷し「7割は3日以内、2割が4〜5日で終わり、6日以上かかるのは1割」としている。

(2008-01-11 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裁判員裁判の審理日数の関連情報