コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判員裁判の日数

1件 の用語解説(裁判員裁判の日数の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

裁判員裁判の日数

裁判員制度では、全体の7割が3日以内に、9割が5日以内に終わると想定されている。連日開廷が原則で、毎日、審理が終われば帰宅が可能。長期化を避けるために、裁判官検察官、弁護人の3者が「公判前整理手続き」を行い、事前に争点を整理する。候補者として裁判所に呼び出されたものの、最終的に裁判員に選ばれなかった場合は、その場で帰ることになる。

(2009-05-22 朝日新聞 朝刊 栃木全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裁判員裁判の日数の関連キーワード雑徭裁判員法参審制度部分判決制度裁判員休暇裁判員裁判の審理日数裁判員制度を巡る弁護士会の動き性犯罪と裁判員裁判国民の理解竹崎博允

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone