コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判所の速記官

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

裁判所の速記官

最高裁が速記官の養成を始めたのは1950年代。国家試験に合格し、2年の研修を終える必要があった。速記用タイプの入手や人材確保が難しくなったことから、最高裁は97年で養成を停止。代わりに、録音したテープから業者が後日、文字を起こす「録音反訳方式」を導入した。多いときで約880人いた速記官は現在は約270人に減った。

(2009-01-14 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

裁判所の速記官の関連キーワードキモトリプシン岡山県の要覧平成の大合併劉邦高祖劉邦岡山(県)馬王堆漢墓マラソンレース農家

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裁判所の速記官の関連情報