コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判所の速記官

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

裁判所の速記官

最高裁が速記官の養成を始めたのは1950年代。国家試験に合格し、2年の研修を終える必要があった。速記用タイプの入手や人材確保が難しくなったことから、最高裁は97年で養成を停止。代わりに、録音したテープから業者が後日、文字を起こす「録音反訳方式」を導入した。多いときで約880人いた速記官は現在は約270人に減った。

(2009-01-14 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android