コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁着袴 たっつけばかま

大辞林 第三版の解説

たっつけばかま【裁着袴】

男子袴の一。膝から下を細く仕立てたもの。活動に便利なため、江戸中期から武士が旅行・調練などに用い、また奉公人・行商人が用いた。現在は相撲の呼び出しなどが用いている。伊賀袴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

裁着袴の関連キーワード万歳(まんざい)角兵衛獅子伊賀袴行商人奉公人こはぜ裁着調練段袋

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android