コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁着袴 たっつけばかま

1件 の用語解説(裁着袴の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

たっつけばかま【裁着袴】

男子袴の一。膝から下を細く仕立てたもの。活動に便利なため、江戸中期から武士が旅行・調練などに用い、また奉公人・行商人が用いた。現在は相撲の呼び出しなどが用いている。伊賀袴。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裁着袴の関連キーワード初っ切り相撲の使世話人裁っ着け袴大相撲の番付蒙御免相撲教習所台覧相撲呼び出し触れ太鼓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone