コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏ごし(裏漉し) うらごし

1件 の用語解説(裏ごし(裏漉し)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うらごし【裏ごし(裏漉し)】

円形の枠の底に網を張った,こすための調理器具。伏せて網の上にあん,いもなどをのせ,しゃもじやへらで押さえてこす。馬の尾の毛を張った物は,適度の弾力があり,毛の断面が角ばっているため,こす物を削り取りやすく,滑らかにこせる。網を傷めずよくこせるように,使用前に水に浸して網をピンと張り,しゃもじやへらは網目に対して斜めに使うのがこつである。現在では,合成樹脂製の網を使った物や,全体が金属製の物も多く,じょうぶで網目は正確だが,弾力がなくこしにくい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone