コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏松恭光 うらまつ ゆきみつ

1件 の用語解説(裏松恭光の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

裏松恭光

江戸後期の公卿。裏松光世の子、光世の跡は養子謙光が嗣ぎ、恭光は謙光の子明光の嗣となる。本姓藤原。中納言従二位。安政大獄の事件により処分を受ける。明治5年(1872)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裏松恭光の関連キーワード堀河親実裏松光世千種有政高松季眠豊岡尚資船橋則賢沢宣維裏松固禅蜂屋光世三池典太光世

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone