コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏松意光 うらまつ のりみつ

美術人名辞典の解説

裏松意光

江戸中期の公卿。参議資清の次男、子は益光。仕えて正二位権中納言に至る。和歌書画を能くした。宝永4年(1707)歿、56才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android