裏設て・心設て(読み)うらまけて

精選版 日本国語大辞典の解説

うらまけ‐て【裏設て・心設て】

連語〙 着物の裏を用意して。一説に、心待ちして。
※万葉(8C後)七・一二七八「夏影の房(つまや)の下に衣裁つ吾妹(わぎも) 裏儲(うらまけて)吾がため裁たばやや大(おほ)に裁て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android