コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補欠選挙と議員の自動失職

1件 の用語解説(補欠選挙と議員の自動失職の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

補欠選挙と議員の自動失職

公職選挙法の規定では、市区町村議の補欠選挙は、欠員が定数の6分の1を超える場合に行われる。6分の1に達していなくても、首長選がある場合は同時に実施される。補選の被選挙数は、告示の前日までに、議員が辞職しないと確定されない。一方、首長選の告示日に議員が立候補を届け出ると、自動失職となる。補選の被選挙数には反映されない。

(2013-09-23 朝日新聞 朝刊 東京都心 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

補欠選挙と議員の自動失職の関連キーワード在外選挙選挙法補欠選公職選挙政党要件投票済証市区町村が所管している森林公職選挙法の改正二元代表制市町村議選の被選挙権

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone