コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐レン石(褐簾石) かつれんせきallanite

世界大百科事典 第2版の解説

かつれんせき【褐レン石(褐簾石) allanite】

化学組成は(Ca,R)2(Al,Fe,Ti)3Si3O12(OH)。ここでR=Ce,Mn,La,Y,Th。希土類元素とトリウムThを含むのが特徴。単斜晶系で,緑レン石族に属する造岩鉱物の一つ。黒色ないし黒褐色のb軸方向に伸びた柱状または板状結晶。モース硬度5~6.5,比重3.4~4.2,へき開は不明確である。褐レン石は副成分鉱物として広く花コウ岩類に,また片麻岩結晶片岩に含まれていることがある。まれに石灰岩スカルンやペグマタイト中に多量に産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

褐レン石(褐簾石)の関連キーワード希土類元素単斜晶系化学組成造岩鉱物黒褐色

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android