コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐レン石(褐簾石) かつれんせき allanite

1件 の用語解説(褐レン石(褐簾石)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かつれんせき【褐レン石(褐簾石) allanite】

化学組成は(Ca,R)2(Al,Fe,Ti)3Si3O12(OH)。ここでR=Ce,Mn,La,Y,Th。希土類元素とトリウムThを含むのが特徴。単斜晶系で,緑レン石族に属する造岩鉱物の一つ。黒色ないし黒褐色のb軸方向に伸びた柱状または板状結晶。モース硬度5~6.5,比重3.4~4.2,へき開は不明確である。褐レン石は副成分鉱物として広く花コウ岩類に,また片麻岩や結晶片岩に含まれていることがある。まれに石灰岩スカルンペグマタイト中に多量に産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

褐レン石(褐簾石)の関連キーワード輝石クラン磁鉄鉱正長石テクタイトドロマイト陽起石化学組成変成岩の化学組成斑糲閃緑岩

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone