コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐条べと病(トウモロコシ)

1件 の用語解説(褐条べと病(トウモロコシ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

褐条べと病(トウモロコシ)

べと病の一種の糸状菌病。日本でトウモロコシに発生している唯一のべと病。梅雨期に入ると、黄色〜黄褐色、葉脈で区切られ、長方形〜条状、長さ0.5〜2cm、幅3ー7mmの病斑が現れる。後にこの病斑が長く延びて、赤紫色になり、葉全体が枯死する。発生は下葉にとどまることが多く、被害は現在のところ,あまり大きくはない。発生には土壌温度30℃前後が好適である。病原菌メヒシバ類にも寄生するとされる。

出典|畜産草地研究所
飼料作物病害図鑑について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone