褐条べと病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑の解説

褐条べと病(トウモロコシ)

べと病の一種の糸状菌病。日本でトウモロコシに発生している唯一のべと病。梅雨期に入ると、黄色〜黄褐色、葉脈で区切られ、長方形〜条状、長さ0.5〜2cm、幅3ー7mmの病斑が現れる。後にこの病斑が長く延びて、赤紫色になり、葉全体が枯死する。発生は下葉にとどまることが多く、被害は現在のところ,あまり大きくはない。発生には土壌温度30℃前後が好適である。病原菌はメヒシバ類にも寄生するとされる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android