コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐条葉枯病(バミューダグラス)

1件 の用語解説(褐条葉枯病(バミューダグラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

褐条葉枯病(バミューダグラス)

2002年春および秋に沖縄県石垣市の芝地で発生した新病害。葉に斑点を形成する糸状菌病。病徴は葉身に暗褐色、大きさ2-5×0.5-1mm程度の条斑を形成する。多発すると葉は黄化・枯死する。ノシバ褐条葉枯病菌と同種。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

褐条葉枯病(バミューダグラス)の関連キーワード石垣市尖閣諸島芝地真世がなし褐点病(ローズグラス)いもち病(ギニアグラス)斑点病(パラグラス)茎割病(アカクローバ)茎割病(クリムソンクローバ)根腐病(トレフォイル)