コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襅・千早 ちはや

大辞林 第三版の解説

ちはや【襅・千早】

神事に奉仕する女性の用いた、たすき状の布。
女官などが着た貫頭衣形の上衣。のち、小忌おみの肩衣として前が明き、細い襟が付いた。白絹で、身二幅ふたので脇は縫わず水草・蝶ちよう・鳥などの模様を山藍やまあいですりつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

襅・千早の関連キーワード女官上衣白絹肩衣

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android