コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襟・衿・領 えり

大辞林 第三版の解説

えり【襟・衿・領】

衣服で、身頃の首を取り囲むところに取りつけられている部分。また、襟ぐり。 「詰め-」 「コートの-を立てる」
首の後部。また、首。 「今日こそは、と-を延ばして/浮雲 四迷
布団などの、首のあたる部分にかける布。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

襟・衿・領の関連キーワード四迷えり

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android