コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襲∥重 かさね

世界大百科事典 第2版の解説

かさね【襲∥重】

長着を重ねて着ること,またはその組合せの長着をさす。二枚襲三枚襲があり,二枚襲は表着(うわぎ)を,三枚襲は中着(なかぎ)を基準寸法とし増減して仕立て,袖,襟をそろえていっしょに着る。襲の源流は〈襲色目〉という言葉もあるように,平安時代の装束に求められる。江戸時代には一般でも真冬の小袖は表着と下着の二枚襲とし,白の下着は大名のみとされていた。その後,襲物は礼装のきまりとして,色違同柄をつけた振袖二枚襲,三枚襲の花嫁衣装,男物黒羽二重五つ紋付に鼠色羽二重の下着,留袖や喪服の白の下着の二枚襲が用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の襲∥重の言及

【法衣】より

…僧尼の着用する衣服。袈裟(けさ)も広義には法衣に属するが,狭義には袈裟の下に着る衣服を法衣とか衣(ころも)といい,その種類や着衣の様式,材質,色合いは多種多様である。(1)褊衫(へんさん)という短衣の上着に,裙子(くんす)という下裳を着ける様式。仏教伝来以来あり,鎌倉時代には主として禅家の間で上下を縫い合わせた直綴(じきとつ)を着用するようになった。(2)褊衫と裙子に擬したもので,上体に(ほう),下体に(も)を着る様式。…

※「襲∥重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報