西アジア史(年表)(読み)にしあじあしねんぴょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西アジア史(年表)
にしあじあしねんぴょう

610イスラム教の創唱者ムハンマドが初めて神の啓示を受ける
622ムハンマドと教友がメディナに移住。イスラム暦(ヒジュラ)紀元元年
624イスラム軍、バドルの戦いで完勝
632ムハンマド没。アブー・バクルが初代カリフに就任
637イスラム軍の南イラク征服完了。バスラ(638)とクーファ(639)に軍事都市を設営する
640イスラム軍のシリア征服完了
642イスラム軍、ササン朝ペルシア軍に大勝。イスラム軍のエジプト征服完了
661ムアーウィヤ(1世)、ウマイヤ朝を興す
717ウマル(2世)が税制改革に着手
749サッファーフがクーファでカリフ位就任宣言
750アッバース朝軍、ウマイヤ朝軍に大勝。ウマイヤ朝のカリフが殺され、アッバース朝が正式に成立
751タラス川の戦いでイスラム軍、唐軍を破る
756ウマイヤ家のアブドゥル・ラフマーン(1世)、イベリア半島に後ウマイヤ朝を興す
762マンスールがバグダードの建設に着手
789モロッコにイドリース朝興る
827チュニジアのアグラブ朝、シチリア島征服に着手
833ムータシム、カリフに就任し、トルコ人奴隷(マムルーク)で親衛隊を組織
869南イラクでザンジュ(黒人奴隷)らが挙兵(ザンジュの乱)
909イスマーイール派のファーティマ朝興る
929後ウマイヤ朝のアブドゥル・ラフマーン(3世)、カリフと称する
932西部イランにダイラム人のブワイフ朝興る
946ブワイフ朝がバグダードを占領
969ファーティマ朝がエジプトを征服。カイロを建設
1031後ウマイヤ朝滅び、小君侯時代に入り、イベリア半島のイスラム勢力が弱体化する
1038セルジューク朝興る
1055セルジューク朝、バグダードを占領
1056モロッコにムラービト朝興り、北アフリカとスペインに勢力拡大
1071セルジューク朝軍、ビザンティン帝国軍を破り、小アジアのトルコ化が確定
1099十字軍がエルサレムを占領。エルサレム王国建国
1130北アフリカにムワッヒド朝興る
1187アイユーブ朝のサラディン、エルサレムを奪回
1194ホラズム・シャー朝がイラン・イラクに進出
1212ムワッヒド朝軍、キリスト教連合軍に大敗
1219モンゴル軍、中央アジアに進出
1250エジプトのマムルーク軍のクーデターでアイユーブ朝滅び、マムルーク朝を樹立
1253フラグの率いるモンゴル軍が西アジアに進出
1258モンゴル軍、バグダードを征服。イル・ハン国成立
1260マムルーク朝のバイバルス(1世)、モンゴル軍を破る
1295イル・ハン国のガザン・ハン即位。イスラム化と中央集権化に着手
1326オスマン帝国のオルハンがブルサに進出
1370ティームールが西トルキスタンの支配者となる
1389オスマン帝国軍、ブルガリアを支配下に置く
1402ティームールがオスマンのバヤジト(1世)にアンカラで大勝し、バヤジト(1世)を捕虜とする
1453オスマン帝国軍、コンスタンティノープルを征服、ビザンティン帝国滅亡す
1492グラナダのナスル朝滅び、イスラム勢力、イベリア半島から完全に追放される
1501イランにサファビー朝興る
1517マムルーク朝、オスマン帝国に敗れ滅亡。オスマン帝国は、エジプト、シリア、アラビア半島を領土に加える
1571オスマン帝国、ベネチアからキプロス島を奪う。オスマン帝国軍、レパントの海戦でヨーロッパ連合艦隊に敗れる
1684オーストリア、ベネチア、ポーランドが対オスマン帝国神聖同盟を結成
1699オスマン帝国と神聖同盟がカルロウィッツ条約を締結。オスマン帝国衰退期を迎える
1774ロシア・トルコ戦争に敗れ、オスマン帝国、黒海北岸域をロシアに割譲
1798ナポレオン(1世)の率いるフランス軍、エジプトを占領
1805ムハンマド・アリーがエジプトの実権を握る
1813イランのカージャール朝がロシアに敗れ、ゴレスターン条約を結び北方領土を割譲
1826オスマン帝国がイェニ・チェリを廃し、軍制改革に乗り出す
1829オスマン帝国、アドリアノープルの和でギリシアの独立とセルビアなどの自治権を承認する
1839オスマン帝国でタンズィマートを始める
1876オスマン帝国でミトハト憲法が制定、発布される
1877アブデュル・ハミト(2世)、ミトハト憲法停止し、専制政治を始める。ロシア・トルコ戦争起こる
1882エジプトでアラービー・パシャを中心とする下級将校の反乱、イギリスに鎮圧される
1889統一と進歩委員会(青年トルコ党)結成
1891イランで、タバコ・ボイコット運動が成功
1906イラン立憲革命が成功、憲法が発布される
1908アブデュル・ハミト(2世)が憲法復活宣言
1912第一次バルカン戦争起き、バルカンのトルコ領縮小
1914トルコ、第一次世界大戦で同盟国側で参戦。イギリスはエジプトを保護領化する
1919アフガニスタン独立
1920サン・レモ会議でトルコ領アラブ地域のイギリス・フランス分割統治が決定
1922ケマル・パシャによるトルコ革命が成功
1922エジプト王国、独立を宣言
1923トルコ共和国成立、ケマル・アタチュルクが大統領に就任
1925レザー・ハーン(のちのレザー・シャー)によりパフラビー朝成立
1932ヒジャーズおよびネジドがサウジアラビア王国と改称
1932イラク王国、イギリス委任統治より独立する
1935ペルシア、国号をイランと改称する
1936イギリス・エジプト条約調印、イギリス軍がスエズ以外のエジプトから撤退
1943レバノン共和国独立宣言(1944年独立)
1944シリア共和国設立(1946年完全独立)
1945アラブ連盟成立
1946トランスヨルダン独立(1949年、ヨルダン王国に改称)
1947国連総会において、パレスチナ分割決議を採択
1948イスラエル共和国設立宣言、第一次中東戦争勃発
1951イラン、石油国有化宣言
1952エジプト、自由将校団によるクーデターにより王制廃止
1953エジプト共和国成立
1955バグダード条約機構結成
1956エジプト、ナセル大統領就任
1956スエズ動乱(スエズ戦争)、第二次中東戦争勃発
1958イラク革命、王制を廃して共和制樹立
1960石油輸出国機構(OPEC)設立
1961クウェート独立
1962イエメン・アラブ共和国成立
1964パレスチナ解放機構(PLO)発足
1967第三次中東戦争勃発、イスラエルがシナイ半島、ヨルダン川西岸地区、ガザ地区、ゴラン高原を占領する
1968アラブ石油輸出国機構(OAPEC)発足
1970イエメン民主人民共和国成立
1971バーレーン、カタール独立、旧トルーシャル地方の首長国がアラブ首長国連邦(UAE)を結成
1973アフガニスタン、クーデターにより王制廃止、共和制樹立
1973第四次中東戦争勃発、アラブ産油国による対米・オランダ石油全面禁輸決定により第一次石油危機(オイル・ショック)が起こる
1975レバノン内戦勃発(1989年内戦終結)
1979イランでイスラム革命が起こり、イラン・イスラム共和国が成立
1979エジプトとイスラエルが平和条約を締結する
1979アフガニスタンにソ連軍侵攻
1980イラン・イラク戦争勃発(1988年停戦)
1981湾岸協力会議(GCC)発足
1981エジプトのサダト大統領暗殺
1982イスラエル軍によるレバノン侵攻(1985年に撤退)
1987イスラエル占領地でのパレスチナ人蜂起(インティファーダ)が始まる(パレスチナ問題)
1990南北イエメン統合(イエメン共和国成立)
1990イラクによるクウェート侵攻
1991湾岸戦争勃発
1991アルメニア共和国、アゼルバイジャン共和国がソ連から独立
1993イスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)のあいだでヨルダン川西岸とガザ地区でのパレスチナ人による暫定自治実施に合意、PLOはイスラエルを承認
1996対イラク国連制裁部分解除
1997イスラエル政府とパレスチナ自治政府間でヘブロン合意調印、ヨルダン川西岸の都市ヘブロンからイスラエル軍撤退
1997エジプト南部の観光地ルクソールでイスラム集団による観光客テロ事件発生
1998イランが中距離弾道ミサイル「シャハブ3」の発射実験を実施
1998イスラエル首相ネタニヤフとアラファトPLO議長との間でワイ合意(イスラエル軍の追加撤退に関する合意文書)調印
1998国連大量破壊兵器廃棄特別委員会の査察をイラクが拒否、米英両軍がイラクを攻撃(砂漠のキツネ作戦)
19992月 ヨルダン国王フセイン死去
19993月 バーレーン首長イサ死去
19997月 モロッコ国王ハッサン(2世)死去
1999トルコでマグニチュード7.8の大地震発生
20006月 シリアのアサド大統領死去
20007月11~25日 アメリカ・メリーランド州のキャンプ・デービッド(大統領公用別邸)で、クリントン大統領、パレスチナのアラファトPLO議長、イスラエルのバラク首相が会談(エルサレムの帰属問題について)
20012月 イスラエル首相選でリクード党首のシャロンが当選
200110月 アメリカ同時多発テロの容疑者ビンラディンの身柄引き渡しを拒否したアフガニスタン(タリバン政権)に対し、アメリカが報復攻撃を開始
200112月22日 アフガニスタン暫定行政機構発足
20023月 イスラエル、アラファト議長をパレスチナ自治区ヨルダン川西岸ラマッラーの大統領府に軟禁
20026月 アフガニスタン大統領に暫定行政機構議長のカルザイが就任
200211月 トルコの首相に公正発展党(AKP)のギュルが就任
200312月13日 イラクの大量破壊兵器問題にからみ、アメリカ軍によりフセイン拘束
20046月28日 イラクを占領統治していた連合国暫定当局(CPA)からイラク暫定政権へ主権移譲
200411月11日 ヨルダン川西岸ラマッラーで軟禁中だったアラファト議長死去。後任としてパレスチナ自治政府の前首相アッバスがPLO議長に就任
2005アラファトの後任としてパレスチナ自治政府長官(Rais)にアッバスが選出され就任(1月9日)。イスラエルのシャロン首相とパレスチナ代表のアッバスが、エジプトのシャルムエルシェイクで初の首脳会談(2月8日)。イラク国民議会の選出により、タラバニがイラク移行政府の大統領に就任(4月7日)。レバノンに29年間駐留していたシリア軍が撤退(4月25日)。イスラエルがガザ地区から撤退を完了(9月12日)。バグダードでサダム・フセインの初公判が開かれるが、フセイン本人は罪状認否で無罪を主張(10月19日)
2006イスラエルのシャロン首相が重度の脳卒中で入院(1月4日)、オルメルトが首相臨時代理となり、総選挙を経て正式に首相に就任(5月)。10年ぶりにパレスチナ評議会選挙が行われ、イスラム原理主義組織で武力闘争を掲げるハマスが勝利し第一党となる。一方、これまでパレスチナ自治政府の主流派であったアッバス率いるファタハは第二党に後退した(1月25日)。IAEA緊急理事会がイランの核問題について国連安全保障理事会へ付託する決議を採択(2月4日)。イラク中部のイスラム教シーア派の聖廟(せいびょう)が爆破(2月22日)。レバノンのイスラム教シーア派系武装勢力ヒズボッラーが、イスラエル軍兵士を拉致したことにより、イスラエル軍がレバノン領内へ侵攻(7月12日)、国連安保理の決議を受け停戦が発効(8月14日)。レバノン南部からイスラエル軍が撤退し国連レバノン暫定軍に支配地域を引き渡した(10月1日)。イラク高等法廷、人道に対する罪でフセインに死刑判決(11月5日。死刑執行は12月30日)。国連安保理、イランの核開発をめぐる制裁決議を全会一致で採択(12月23日)
2007ハマスとファタハを中心とするパレスチナ挙国一致内閣が成立(3月17日)。国連安保理、イランの核開発をめぐる追加制裁決議を全会一致で採択(3月24日)。国連安保理決議により、元レバノン首相ハリリの暗殺事件の犯人を裁く特別法廷の設置が決定(5月30日)。パレスチナ、ハマス武装勢力がガザ地区制圧、アッバス大統領が自治区全域に緊急事態宣言(6月14日)、大統領からの指名・承認によりサラーム・ファイヤード新内閣発足(6月17日)。アフガニスタンでタリバンによる韓国人拉致(らち)事件(7月19日)。アフガニスタン北部、国会議員が訪問中の工場で自爆テロが発生、約90名が死亡(11月6日)。アメリカ・メリーランド州のアナポリスで中東和平国際会議開催(11月27日)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android