コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西イリアン問題 にしイリアンもんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西イリアン問題
にしイリアンもんだい

西イリアン (西ニューギニア) をめぐるオランダインドネシアの対立。 1949年 11月2日の主権移譲憲章において,オランダはインドネシアに対して完全主権を与え,独立・主権国家として承認した (→ハーグ協定 ) が,西イリアンの政治的地位の問題については,その後の両国間の交渉にゆだねられた。しかし旧オランダ領東インドの継承者として西イリアンに対しても当然継承権を有すると主張するインドネシアと,交渉決裂により現状を維持しようとして交渉に熱心でないオランダとの立場が対立し交渉は難航した。両国関係は悪化し,62年に入るとインドネシアのゲリラ軍が西イリアンに潜入し,各地でオランダ軍と衝突した。同年8月,国連の斡旋により両国間に「西イリアンに関する協定」が成立し,国連臨時行政局が一時行政権を掌握したのち,63年5月からインドネシア政府に行政権を移譲した。インドネシアの西イリアンに対する主権は,69年7~8月に行われた住民投票において,圧倒的多数がインドネシアへの帰属を希望したことにより正式に確定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

西イリアン問題の関連キーワードニューギニア島オセアニア史ウ・タントパプア州マリク