コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西ノ前遺跡

1件 の用語解説(西ノ前遺跡の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

西ノ前遺跡

舟形町役場近くの小国川の段丘約1万平方メートルに広がる縄文中期の集落跡。国道13号の工事を前に92年、西半分4450平方メートルを県教委が発掘調査した。9棟の竪穴住居跡や食べ物を蓄えるフラスコ型の穴60カ所が見つかったほか、土器を中心に30リットル箱900個分が出土。石器は狩りに使うやじりなどは少なく、磨石(すりいし)や石皿が多いことから、クリやクルミなど木の実が主食の生活だったとみられている。発掘現場は現在、道路になっている。

(2012-04-21 朝日新聞 朝刊 山形 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西ノ前遺跡の関連キーワード町役場巨艦店町村役場パシフィコ横浜平方メートルJR博多シティイオン倉敷ショッピングセンター上関原発計画デーノタメ遺跡イーストビル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西ノ前遺跡の関連情報