コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西ベンガル[州] にしベンガル West Bengal

1件 の用語解説(西ベンガル[州]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にしベンガル【西ベンガル[州] West Bengal】

インド北東部の州。面積8万7676km2,人口6808万(1991)。州都はカルカッタ。1947年のインドパキスタン分離独立に際し,英領ベンガル州のうちヒンドゥー教徒地区を範域として成立した。現在のバングラデシュとの国境は,当時のヒンドゥー,イスラム両教徒の人口に基づいて決定されたため,とりわけガンガー(ガンジス)川以北の州域の形態はきわめて狭長かつ不規則である。州の中心は同川以南のバギラティ・フグリ川水系にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西ベンガル[州]の関連キーワードニューカッスル寝屋川コルカタアッサムインディアナシッキムジャムシェドプールロードアイランド伽耶タインブリッジ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone