コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西園寺 公望 サイオンジ キンモチ

20世紀日本人名事典の解説

西園寺 公望
サイオンジ キンモチ

明治〜昭和期の政治家,公爵 首相;元老;政友会総裁;明治大学創立者。



生年
嘉永2年10月23日(1849年)

没年
昭和15(1940)年11月24日

出生地
京都上京21区蛤門内(京都府京都市)

別名
幼名=美麿,号=陶庵

学歴〔年〕
パリ第4大学(ソルボンヌ)卒

経歴
九清華家の一つ徳大寺公純の二男に生まれ、西園寺家の養子となる。公卿社会の因襲を嫌って慶応3年維新政府の参与となり、戊辰戦争に従軍。明治2年私塾・立命館を創設。3年12月パリ・コミューンの渦中にあるフランスに留学し、クレマンソー、中江兆民らと交わる。13年帰国し、14年明治法律学校(現・明治大学)を創立。また自由主義者として「東洋自由新聞」を発行して天皇の咎めを受けた。15年伊藤博文に随いて渡欧、以降各国公使、賞勲局総裁、27年から第2次・第3次伊藤内閣の文相、33年枢密院議長などを歴任。36年立憲政友会総裁に就任。39年第1次西園寺内閣、44年第2次と桂太郎と交互に政権を担当して“桂園時代”をつくった。大正元年2個師団増設問題で陸軍と対立して3年辞職、最後の元老となり、後継首班推薦の任にあたる。8年にはベルサイユ講和会議首席全権もつとめた。9年公爵。国葬。著書に「西園寺公望自伝」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

西園寺 公望
サイオンジ キンモチ


肩書
第12・14代首相,元老,政友会総裁,明治大学創立者

別名
幼名=美麿 号=陶庵

生年月日
嘉永2年10月23日(1849年)

出生地
京都上京21区蛤門内(京都府京都市)

学歴
パリ第4大学(ソルボンヌ)卒

経歴
九清華家の一つ徳大寺公純の二男に生まれ、西園寺家の養子となる。公卿社会の因襲を嫌って慶応3年維新政府の参与となり、戊辰戦争に従軍。明治2年私塾・立命館を創設。3年12月パリ・コミューンの渦中にあるフランスに留学し、クレマンソー、中江兆民らと交わる。13年帰国し、14年明治法律学校(現・明治大学)を創立。また自由主義者として「東洋自由新聞」を発行して天皇の咎めを受けた。15年伊藤博文に随いて渡欧、以降各国公使、賞勲局総裁、27年から第2次・第3次伊藤内閣の文相、33年枢密院議長などを歴任。36年立憲政友会総裁に就任。39年第1次西園寺内閣、44年第2次と桂太郎と交互に政権を担当して“桂園時代”をつくった。大正元年2個師団増設問題で陸軍と対立して3年辞職、最後の元老となり、後継首班推薦の任にあたる。8年にはベルサイユ講和会議首席全権もつとめた。9年公爵。国葬。著書に「西園寺公望自伝」など。

没年月日
昭和15年11月24日

家族
父=徳大寺 公純(公卿) 兄=徳大寺 実則(明治天皇侍従長) 弟=住友 友純(住友銀行創設者) 孫=西園寺 公一(政治家)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

西園寺 公望の関連キーワードL.ジュディット ゴーチェ立命館アジア太平洋大学西園寺公と政局パリ平和会議住友吉左衛門近衛文麿内閣桜田門事件一木喜徳郎西園寺公一高岡智照尼中川小十郎田中半之丞徳大寺公弘竹越与三郎徳大寺実則原田 熊雄京極高富土井貞枝村上源蔵江馬天江

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西園寺 公望の関連情報