コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西宮港

1件 の用語解説(西宮港の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

西宮港

江戸時代から酒の積み出しで栄えた。今は主に建設用の砂利や、金属くずなどの貨物を扱う。沖には1971年から人工島・西宮浜の建設が始まり、現在では工業用地と住宅地が広がっている。付近には、人工島の「新西宮ヨットハーバー」などヨット係留施設が複数ある。2004年には、海洋冒険家の堀江謙一さんが西宮港を出港し、東回りでの単独無寄港世界一周を成し遂げた。

(2013-09-11 朝日新聞 朝刊 兵庫全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西宮港の関連キーワード川口撫養モービル温泉津石巻積み出し・積出し新居浜積出しピニャオンリオ・マリーナ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西宮港の関連情報