コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西山断層

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

西山断層

長さ約30キロで、推定される地震の規模はM7・3と95年の阪神大震災と同規模。活動間隔は不明だが、6万〜8万年以上とも言われる。最近では、1万〜2千年前に地震を起こしたと考えられている。

(2008-05-24 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西山断層の関連情報