西村 清雄(読み)ニシムラ スガオ

20世紀日本人名事典「西村 清雄」の解説

西村 清雄
ニシムラ スガオ

明治〜昭和期の教育者 松山普通夜学会(現・松山城南高校)初代校長



生年
明治4年2月13日(1871年)

没年
昭和39(1964)年12月25日

出生地
愛媛県松山市北京町(現・三番町)

学歴〔年〕
愛媛一中

主な受賞名〔年〕
愛媛県教育文化章,松山市名誉市民〔昭和37年〕

経歴
中学時代にキリスト教洗礼を受ける。明治23年米国人宣教師・ジャドソン女史が不就学児童のための夜学校設立の協力者を求めていたのに心を打たれ松山普通夜学会を開設、21歳の若さで校長に就任。以来勤労青少年教育尽力、授業料は取らず、教科書は貸し与えてキリスト教の奉仕の精神で教育に当たった。27年松山夜学校と改称、同時に女子のために地元機業家の援助を得て綿ネル工場を新設寄宿舎も併設して生徒と起居を共にし、昼は働き、夜に生徒らの教育を行った。昭和20〜24年松山東雲中・高等学校校長を兼務。28年一線を退き名誉校長。賛美歌山路越えて」の作詞者としても知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android