コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村屋与八(初代) にしむらや よはち

1件 の用語解説(西村屋与八(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村屋与八(初代) にしむらや-よはち

?-? 江戸時代中期の版元。
宝暦-天明(1751-89)のころの人。江戸日本橋で開業。鈴木春信,鳥居清長らの錦絵を出版し,のちに江戸を代表する地本(じほん)問屋となった。姓は日比野。屋号は永寿堂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西村屋与八(初代)の関連キーワード宝暦一条兼香大島蓼太田中藤六上杉治憲瀬川菊之丞天降言児童雑誌田沼時代藩学一覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone