コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村真悟衆院議員による弁護士法違反事件

1件 の用語解説(西村真悟衆院議員による弁護士法違反事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

西村真悟衆院議員による弁護士法違反事件

98年6月〜04年7月、弁護士資格を持たない鈴木浩治被告が交通事故の示談交渉などの法律事務をする際、自らの弁護士名義を使うことを承諾(弁護士法違反罪の非弁護士との提携禁止)。02年12月〜04年10月、無資格の弁護士活動で得られた報酬と知りながら、計約830万円の犯罪収益を受け取ったとされる(組織的犯罪処罰法違反罪の犯罪収益等収受)。

(2006-03-15 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西村真悟衆院議員による弁護士法違反事件の関連キーワード弁護士会弁護士法士業非弁活動コンサルタント会社社長の弁護士法違反(非弁活動)容疑問題天野末治尾崎陞下里恵良高橋義次増島六一郎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone