西条[市](読み)さいじょう

百科事典マイペディアの解説

西条[市]【さいじょう】

愛媛県北東部,燧(ひうちなだ)に面する市。1941年市制。寛永年間に加茂川扇状地に築かれた一柳氏西条城城下町,のち松平氏の城下町として発達,明治以後は東予地方の中心地であった。水に恵まれ,打抜という自噴水が多く,1936年倉敷レイヨン(,クラレ)西条工場設立以来,海岸の埋立てに伴って工業化が進み,東予新産業都市の中核をなしている。ミカン栽培も盛ん。予讃線,松山自動車道,今治小松道路が通じ,南部山地石鎚国定公園に属する。2004年11月東予市,周桑郡小松町,丹原町を編入。509.98km2。11万2091人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいじょう【西条[市]】

愛媛県東部,燧(ひうち)灘沿岸にある市。1941年西条,氷見の2町と飯岡,神戸(かんべ),の3村が合体,市制。人口5万7110(1995)。1636年(寛永13)より一柳(ひとつやなぎ)氏,70年(寛文10)より松平氏各3万石の所領で,城下町として発達した。陣屋跡には県立西条高校がある。南部には西日本の最高峰石鎚山(1982m)をはじめ高峻な山々が連なり,そこを源流とする加茂川が市域の中央を貫流し,北部には沖積平野東西に広がっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報