コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西条 凡児 サイジョウ ボンジ

2件 の用語解説(西条 凡児の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

西条 凡児
サイジョウ ボンジ

昭和期の漫談家,テレビ司会者



生年
大正3(1914)年10月17日

没年
平成5(1993)年5月31日

出生地
大阪府大阪市

本名
河内 弘明

学歴〔年〕
浪華商卒

経歴
昭和10年大阪千日前で、九条芸児とコンビの「五銭漫才」で売り出したが、芸児が応召、戦死したため漫談家に転向。戦後は毎日放送ラジオの「お脈拝見」で、辛口の社会批判がうけた。35年から始まった毎日放送のテレビ番組「素人名人会」、39年からの朝日放送「おやじバンザイ」の司会で人気が上昇した。47年4月からフジテレビの「凡児の・娘をよろしく」で司会。54年同番組終了後、一線を退いた。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

西条 凡児
サイジョウ ボンジ


職業
漫談家 テレビ司会者

本名
河内 弘明

生年月日
大正3年 10月17日

出生地
大阪府 大阪市

学歴
浪華商卒

経歴
昭和10年大阪・千日前で九条芸児とコンビを組み、漫才師としてデビュー。“五銭漫才”で売り出したが、芸児が応召して戦死したため漫談に転向。歯に衣をきせない軽妙な社会風刺が持ち味で、26年毎日放送ラジオ「凡児のお脈拝見」で人気を獲得。35年毎日放送のテレビ番組「素人名人会」の司会者を務め、39年からの朝日放送「おやじバンザイ」の司会で人気を全国区した。45年かつて居宅の近所の工事騒音に抗議して「テレビでしゃべる」と3つの建設会社から計90万円を受け取ったことが判明、警察に取り調べられたが、徹底抗戦で不起訴になった。このためマスコミからシャットアウトされたが、47年フジテレビ「凡児の・娘をよろしく」で司会に復帰。54年同番組終了後、一線を退いた。芸名は詩人の西条八十と漫画家の只野凡児にちなむ。第5回上方演芸の殿堂入り

没年月日
平成5年 5月31日 (1993年)

家族
二男=西条 遊児(タレント),三男=西条 笑児(タレント),孫=西条 三恵(宝塚歌劇団員)

伝記
凡児無法録―「こんな話がおまんねや」漫談家・西条凡児とその時代 戸田 学 著(発行元 たる出版 ’01発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone