西東京(市)(読み)にしとうきょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西東京(市)
にしとうきょう

東京都北西部にある市。2001年(平成13)田無(たなし)市と保谷(ほうや)市が合併して成立。武蔵野(むさしの)台地中央部の平坦地を占め、関東ローム層に覆われる。北部を白子(しらこ)川が、南部を石神井(しゃくじい)川が西から東へ向かって流れ、浅い谷を形成する。北部を西武鉄道池袋線、南部を同新宿線が横切り、青梅街道、新青梅街道、富士街道、所沢街道、保谷街道が中央部で交わっている。
 西の田無地区は、青梅街道沿いの宿場町、また所沢街道・保谷(ほうや)街道の分岐点の市場町として発達し、西武鉄道の開通(1927)を機に、住宅地、工場地として発展した。東の保谷地区は、江戸時代に玉川上水の分水として千川(せんかわ)上水が開削されて新田開発が進んだが、その後畑作地が広がり、第二次世界大戦のころまでは練馬ダイコンの産地であった。西武鉄道の開通後は工場や住宅が増え、戦後、急速に都市化が進んだ。両地区は独立して市制をしいていたが、諸街道が交差するなど生活圏が一体的な関係にあるうえ、田無6.8平方キロメートル、保谷9.05平方キロメートルと、ともに面積が狭く、合併による行政サービスの向上と効率化が期待された。2000年に投票方式の市民意向調査を実施、賛成が上回った結果、合併が実現した。
 野菜栽培などの農業が残り、時計、重機械、金属などの内陸型工業もみられるが、宅地化の進展で工場は移転する傾向にある。両市から東久留米(ひがしくるめ)市にかけて日本住宅公団(現、都市再生機構)のひばりが丘団地が形成された。東京大学大学院の農場、西東京いこいの森公園、京都・伏見から遷座した東伏見稲荷(いなり)神社、プラネタリウムを備えた多摩六都科学館(1994年開館、2001年新装開館)などがある。面積15.85平方キロメートル、人口19万6511(2010)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android