西武鉄道[株](読み)せいぶてつどう

百科事典マイペディアの解説

西武鉄道[株]【せいぶてつどう】

東京都北西郊と埼玉県南部に路線網をもつ大手私鉄。前身は1912年設立の武蔵野鉄道(現池袋線)で,1940年多摩湖鉄道(現多摩湖線)を合併,さらにその後,1892年設立の川越鉄道をはじまりとする旧西武鉄道(現新宿線・国分寺線など)を1945年に合併して西武農業鉄道と称したが,翌年現社名に改称している。池袋線(池袋〜吾野)・西武秩父線(吾野〜西武秩父),新宿線(西武新宿〜本川越),国分寺線(国分寺〜東村山),多摩湖線(国分寺〜西武遊園地)など13路線を営業,延長179.8km。堤康次郎が西武鉄道系各事業を経営して発展,不動産,ホテル,遊園地,球場などを営業。長年にわたる有価証券報告書の虚偽記載が明るみに出て,2004年12月に上場廃止となった。プリンスホテルやコクドなどとともにグループ企業の再編・再建を進めている。本社所沢市。2010年資本金216億円,2010年3月期売上高1394億円。
→関連項目池袋[駅]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android