西田 修平(読み)ニシダ シュウヘイ

20世紀日本人名事典の解説

西田 修平
ニシダ シュウヘイ

昭和・平成期の棒高跳び選手 JOC委員会名誉委員;日本学生陸上競技連合名誉副会長;日本陸上競技連盟名誉副会長。



生年
明治43(1910)年3月21日

没年
平成9(1997)年4月13日

出生地
和歌山県

学歴〔年〕
早稲田大学卒

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章昭和39年〕,勲三等瑞宝章〔昭和62年〕,オリンピック・オーダー銀章〔平成1年〕

経歴
大学入学後、日本の棒高跳びをリード。昭和7年のロス五輪、11年のベルリン五輪で銀メダルを獲得。ベルリンから帰国後、銅メダルを獲得した故大江季雄選手と互いにメダルを折半してつなぎ“友情のメダル”として有名になった。卒業後、日立製作所に入社。戦後は日本陸上競技連盟の常務理事、理事長として、後進の指導に貢献。昭和42年のユニバーシアード東京大会と60年の神戸大会で選手村村長を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

西田 修平 (にしだ しゅうへい)

生年月日:1910年3月21日
昭和時代;平成時代の棒高跳び選手;陸上競技指導者。日本陸上競技連盟理事長
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西田 修平の関連情報